SERVICE  SCIENTIST’S  JOURNAL  

サービスモデル

​マーケティング

サービスモデルの観点で優れている事業や企業をご存知ですか。サービスモデルの秀逸さが、価値共創を加速し、事業の成長力や競争力を高めます。

 サービスモデルをマーケティングする時代

 ビジネスモデルや事業戦略、ブランディングについては、理論や事例が豊富で、これらに熱心な企業はたくさんあります。しかし、「サービスモデル」への着目は”これから”のようです。

 先進のビジネスモデルや事業戦略で世間から注目される企業も、継続的な事業成長のためには「サービスモデル」の構築と変革に行き着いています。

サービスモデルで差が付く

 ビジネスモデルは成功事例として注目されると、すぐにマネされてしまうと苦悩したケースが少なくありません。当然のことながら、サービスメニューや機能も開発した先からマネされてしまいます。待っているのはじり貧の価格競争です。

 加えて、戦略やビジネスモデル、ブランディングを格好良く描いても、現場がピンときていないケースは少なくありません。サービスモデルがなければ、現場の意識と行動が変わらないのです。「サービスは顧客と一緒につくるもの」だからこそ、現場が体現できない戦略やビジネスモデルは絵に描いた餅になってしまいます。経営と現場との事業共創を橋渡しするのもサービスモデルの役割です。もちろん、顧客との価値共創を加速する役割も担います。

 

 こういった問題意識があり、「サービスモデル」で差をつける改革に乗り出す企業が増えているというわけです。

 事例はサービスモデルをひも解く

 実は日本には、まだ知られていない優れたサービスモデルがたくさんあります。戦略やビジネスモデルの観点では、ポイントが見出しにくかった事例も、サービスモデルとして学べるところは多くあります。

 既知の事例、身近な事例をサービスモデルでひも解いてみると良いでしょう。また、サービスモデルの観点で、今まで注目されていなかった新たな事例にスポットライトがあたることも多々あります。

 サービスには実に様々な要素が関わってきます。すそ野の広い「サービス」だからこそ、あえて他業界の優れたサービスの事例の背後に、サービスモデルのポイントを探ることも有効です。

 

 世の中には、どんなサービスモデルが存在し、どんなサービス事業が生み出されているのでしょうか。是非、そんな目線で他社サービスを見つめてみましょう。

 

SERVICE  SCIENTIST’S  JOURNAL