SERVICE  SCIENTIST’S  JOURNAL  

情熱の壁

×

​信念を

原動力に

壁にぶつかっただけで「そろそろ諦めませんか」という話になる。どれぐらい本気なのかを、周囲はよく見ています。コアメンバーの本気度を高める3点セットに火を付けることが大切です。

 壁にぶつかったら諦めたくなる 

 サービス変革はさまざまな壁にぶつかります。このとき、情熱に火が付いていないとどうなるでしょうか。壁にぶつかるたびにうまくいかない理由を並べて、「そろそろ諦めませんか」という話になることでしょう。これでは改革を進めることはできそうにありません。

 これが「情熱の壁」です。

 本気に火を付ける3点セット

 「自分たちで小さくても変化を生んでいきたい」という情熱を持てるかどうかが、サービス改革の推進速度を大きく左右します。どれぐらい本気なのかを、周囲はよく見ています。コアメンバーが本気でなければ、組織全体を巻き込むことは難しいといえるでしょう。本気度を高めるポイントは、「ビジョン、危機感、使命感」の3点セットに火をつけることです。

 ビジョンがなければ、どっちに向かって走っていったらよいか分かりません。ビジョンを持つことは大切です。しかし、ビジョンだけでは人も組織も変われません。

 

 変化を生むためには危機感が極めて重要です。事業が順調なときほど、危機感に正しく火をつけなければ変化への抵抗感になります。

 

 そして使命感です。自分達の手で、サービス事業を創り上げていくんだという使命感こそ、壁に立ち向かう力になります。

 

 自分の中のビジョン、危機感、使命感に火を付け、それを伝播させて仲間をつくっていくことが、様々な壁を乗り越えながらサービス事業をつくり変えていく原動力になるのです。

 

SERVICE  SCIENTIST’S  JOURNAL